大阪の注文住宅、木の家にこだわるなら福永工務店耐震・断熱・自然素材の家づくり。

  • 施工事例

終の棲家を考える

子供が独立し、2人で過ごすには大きすぎる家。これからの人生を家とともにどう過ごすか、悩ましい問題です。この棲家は将来1階で就寝することになった場合にも配慮しつつ、昼間は明るいリビングに集まって過ごせるようなプランになっています。
リビングアクセスのストリップ階段のある吹き抜けリビング

吹き抜けのある明るいリビング。階段がいいアクセントになり天上の気が優しい空気をつくり、落ち着かせてくれます。

老後の生活も考慮し、区切れば寝室になる和室

全てのドアを開け放つと大きなワンルームのように使えます。昔の民家にあったような田の字型プランの現代版と言えそう。

水廻りにも最短でアクセスできるような動線計画

2間続きの和室はドアで仕切ることができ、2つの寝室としても利用できます。

吹き抜け廊下に下階の気配がかんじられるライブラリースペース 片流れの屋根の組み合わせが特徴的な外観
気分転換に読書したくなるスペース。造り付けの家具は大工さんと納まりを検討しながらつくりました。 軒の高さを抑えることで、片流れの屋根の組み合わせが印象的なかわいらしい外観になりました。