大阪の注文住宅、木の家にこだわるなら福永工務店耐震・断熱・自然素材の家づくり。

  • 施工事例

テキパキシンプルな家

堺市内の狭小地に建つ木造2階建て。広くあってほしい場所を厳選し、廊下や動線の無駄を出来る限りそぎ落とした結果、シンプルで効率的な間取りになりました。


壁とキッチンが白で統一されたシンプルな空間に、木の柔らかなアクセントが効いています。床は無垢フローリングのカリン材で、落ち着いた色合いが魅力です。

 

ホーローの白色なので、チープにならずきれいです。透明の吊り戸棚は実は食器乾燥機。電動で昇降するし、シンクの下も上も有効に使えます。

出窓にはカウンター収納があり、テーブルの上に置きっぱなしになってしまいがちなものやよく使うものが収納できて便利そう。

 

LDKにはパウダールームの出入口とクローゼットを配置。廊下がないぶん、LDKが広く使えます。クローゼットにはパウダールームでよく使用するものが収納でき、動線もスペースも効率的で、天井には屋根裏収納もあり、何気に収納力抜群です。

 

洗面とトイレが一体となったパウダールームは、使う空間を節約しつつ、狭く感じさせない一石二鳥な空間。洗濯機はサンルームになっているバルコニーにあります。

2階のホールは間接照明で照らされ、限られたスペースであっても、ゆとりが感じられます。エアコンの隠蔽配管にもなっていて実用的な間接照明になっています。

1階の玄関ホールのスペースは最小限ではあるものの、大型収納もあって、狭いイメージはありません。

 

 

寝室となる和室は障子と埋め込み照明に統一感があり、旅館のよう。壁も建具も和紙で仕上げられており、落ち着く空間になっています。実は天井に電動のスクリーンが設置されていて、ルームシアターとしても楽しめます。

 

床の無垢のチークでできたパーケットが可愛らしく、コンクリート打ちっ放し風のアクセントクロスで甘辛空間になっています。

奥の木の箱は実は折りたたみのテーブルになっていて、常時置いておきたいものはそのままに、作業スペースが広げられ、なにからなにまで効率的。